2016年12月02日

イリオモテヤマネコ調査体験会を開催します

12月17日にイリオモテヤマネコ調査体験会を行います。


ヤマネコ調査体験会H28チラシ.jpg


 今回は、ヤマネコが何を食べているのか調べるためにフンを分解して内容物の観察を行います。

午前と午後の2回開催しますので、御都合にあわせてお申し込みください。

※事前申込が必要です。申し込む際に、希望する時間、名前、住所、緊急連絡先をお伝えください。また、人数によっては募集を早期に締め切る場合もございますので御了承下さい。


・午前の部9:30〜11:30(9:20受付開始)    定員のこり 8名。

・午後の部13:30〜15:30(13:20受付開始) 定員のこり 7名。 【12/2 17:15現在】


各回の定員は先着12名となっています。小学生以上が対象です。


・参加費無料。

・場所 西表野生生物保護センター視聴覚室

室内のみでの作業のため持ち物等はとくにありません。普段着でお越し下さい(ただし、ヤマネコのフンをいじります)。


申込先 西表野生生物保護センター 

TEL0980-84-7130  e-mail RO-IRIOMOTEあっと(@に変換して下さい)env.go.jp

申込締切日 12月14日() 12:00



(かんとう)


posted by IWCC at 17:20| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

H28年度「イリオモテヤマネコと希少動物たちを守ろう 絵画コンクール」表彰式

今年も絵画コンクールを開催し、1122日に入選作品の表彰式を行いました。

今年のテーマは、「人とヤマネコが共存できる町〜守ろう!竹富町の野生動物〜」でした。




PB220012.JPG
【沖縄県建設業協会八重山支部 支部長のあいさつ】


竹富町の小中学校から28点の応募があり、14作品が入選しました。

応募いただいた皆さん、ありがとうございました。そして、入選した皆さん、おめでとうございます!




PB220031.JPG

【絵に込めた思いの発表】



表彰式では、(一社)沖縄県建設業協会八重山支部より表彰状と副賞が、八重山地区交通安全協会西表島東部支部から記念品が贈られました。


最優秀・優秀賞の皆さんには、絵を描いたときの気持ちや願いなどを発表してもらいました。



PB220038.JPG
【最優秀作品が貼られた大看板の前で記念撮影】

入選作品が、大原港ターミナルで1121日から113日まで、全ての作品が西表野生生物保護センター視聴覚室で113日から131日まで展示されます。

個性豊かで思いのこもった力作を、ぜひ見に来てください。



PB220004.JPG
【大原港ターミナルでの展示の様子】


(ひな)

posted by IWCC at 15:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

2016年10月の目撃情報マップ

2016年10月は、33件の目撃情報がありました。

要注意運転箇所は、
高那〜ユツン 
・美原〜古見 (仔ネコ飛び出し注意)
です。

回収箱161031まで.jpg


皆さんからお寄せいただいた目撃情報をもとに、交通事故防止を目的としてイリオモテヤマネコ目撃情報マップを毎月作成しています。
目撃の多い場所は、最新の要注意運転箇所として示しています。

安全運転のご協力をお願いいたします。

(ひな)
posted by IWCC at 13:15| 目撃情報マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

集落外でイエネコが目撃されています

10月下旬に西表島の集落がない地域でイエネコが目撃されました。

今後の適正飼育に向けた働きかけや、飼い主がいない場合の捕獲作業に向けて目撃情報を募集しています。

集落外でイエネコを目撃した際には、ぜひご連絡をお願いいたします。

その際には目撃場所の特定が重要になりますので、看板などの付近の目印も一緒にお知らせください。

近くに電柱があれば、それに書かれた管理番号(東線100番や西部線150番)も位置の特定に役立ちます。

161101イエネコ目撃情報募集.jpg


イエネコとヤマネコとは共通の感染症があり、なかにはネコエイズやネコ白血病といった怖い病気もあります。

本来そこに生息していなかったイエネコがそうした病気をもちこんでしまうとヤマネコに感染してしまう恐れがあります。

幸いなことにイリオモテヤマネコではまだ感染例がありませんが、長崎県対馬に生息するツシマヤマネコではすでに感染個体が確認されています。


また、野生化したイエネコ(ノネコ)はヤマネコにとってエサをめぐる競争相手になります。

地域によっては在来の希少動物(ヤンバクイナやアマミノクロウサギ、トゲネズミなど)を捕食してしまうこともあります。

イエネコが野外から病気を持ち帰る恐りますので、予防接種や避妊・去勢を行ったうえで室内飼育をお願いします。


<ご連絡先>

・080−1720−4348(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄)
・0980−82−6191(竹富町自然環境課)
・0980−85−5581(西表野生生物保護センター)


(田口)
posted by IWCC at 15:45| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

地域の子供たちと作った「ヤマネコ型看板」の設置を始めました

10月上旬から新しい看板の設置を始めました。

センター職員が作ったヤマネコ型の看板に、地元の小学生たちで両面に色付けをしてもらいました。

(くわしい様子は以前のブログもご覧ください)

輪郭の白い部分は反射塗料を使っていて、夜に車のライトが当たると光るようになっています。

20161004-1.JPG20161004-2.JPG

20161004-3.JPG20161004-4.JPG

看板はヤマネコの実物大の大きさをしています。

もしヤマネコが出てきたら、このくらいの大きさというのを感じていただけると思います。

ぜひヤマネコ型看板を探してみてください。


(田口)
posted by IWCC at 12:27| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする