2017年07月19日

2017年 夏の交通安全運動【西表地域】

718日「夏の交通安全県民運動/沖縄県」に合わせ浦内川展望所のパーキングスペースで19時から20時まで、西表島の駐在さんたちと協力しイリオモテヤマネコと人の交通事故防止を呼びかけました。


ヤマネコの行動する時間帯に注意喚起することで、その存在を通行者に改めて認識してもらうには有効な手段です。




1時間で25台の通行がありました。西表島の交通量としては多めです。


ヤマネコの交通事故は昨年が7件とワーストを記録し、今年は事故の無いまま7月を迎えていました。



しかし、残念ながら16日に祖納漁港近くで今年1件目の交通死亡事故が発生してしまいました。


現在、ヤマネコは子育て時期に入っており島内のあちこちで親子や子ネコの目撃が相次いでいます。


また、島内の道路は野生動物の生息地を通っているため、さまざまな生き物が昼夜を問わず横断しています。


ドライバーのみなさんは、法定速度を守り生き物にやさしい運転をお願いします。




まーや、カラスに狙われる!?



(かんとう)

posted by IWCC at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「イリオモテヤマネコのくらしをのぞいてみよう!」講演会を開催しました

先日に当ブログでもお知らせしていた「イリオモテヤマネコのくらしをのぞいてみよう!」講演会ですが、無事に盛況で終えることができました。


同じ内容の講演会を島の東部と西部で2日間かけて行いました。


2日間合わせて70人近くの方に来ていただきました。


来ていただいたみなさまありがとうございました。


行きたかったのに行けなかった方は、ぜひ次の企画で会いましょう!




講演はイリオモテヤマネコの「生活」「治療」「保護」の3つのテーマについておこないました。


子供達向けの内容でお話をいただきましたが、大人でも聞き応えのある面白いお話でした。



講演の中で東京慈恵会医科大学の鈴木先生からは、


イリオモテヤマネコを守るためには様々な方法があって、


研究者になって詳しく知ることも、



獣医になってヤマネコを治療することも、



レンジャーになって国の機関としてもイリオモテヤマネコを守ることができる、


といったお話をされていました。


それを聞いた子供達の中から、将来、研究者や獣医やレンジャーになる子は現れるのでしょうか。


とても楽しみです。



鈴木先生からはイリオモテヤマネコの生活についてお話いただきました。



飯塚先生からはイリオモテヤマネコの治療についてお話いただきました。


杉本保護官からはイリオモテヤマネコの保護についてお話されてました。



ラベル:普及・啓発
posted by IWCC at 12:20| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする