2011年04月11日

よん(W48)の死亡のお知らせ

 西表野生生物保護センターにおいて飼育され、通称「よん」の愛称で親しまれていたイリオモテヤマネコのオスW-482011492259分に死亡しました。
この個体は、199686日、西表島北部のナダラ橋近くで交通事故に遭い(当時幼獣)、後遺症が残ったため、同センターでリハビリ飼育されていました。
後遺症が十分に治らないまま高齢となってしまい、野外復帰はできませんでしたが、飼育日数5359日、推定約151カ月で、いずれもイリオモテヤマネコの最長飼育日数、最長寿記録でした。

IMG_2939s.jpg
 
W48は、20101220日に西表野生生物保護センター野外ケージ内で体調を崩して動けなくなっているところが見つかり、室内リハビリ室にて治療・リハビリを行っていました。
1223日には肺水腫の症状が見られ、一時は生存が危ぶまれましたが、その後快方に向かい、1月には歩き回れるまでに回復していました。

2月・3月中は段差を上り下りするなど、徐々に運動機能が回復する兆しが見られていましたが、4月に入る頃に少しずつ食欲が減退し、45日より再び体調が悪化しました。
その後介護を続けていましたが、492259分に死亡が確認されました。


DSCN0560-2s.jpg


 W-48は、「よん」という愛称で呼ばれ、西表野生生物保護センターではライブ映像が見られたり、インターネットで毎日の写真が公開されたりして、多くの方々に親しまれてきました。
体調を崩してからは、来館者の方々から「よん」の体調を気遣うお言葉をかけていただき、遠方の方からは「よん」を気遣うメールをいただきました。
野生のイリオモテヤマネコの寿命は10年未満と言われています。151カ月という年齢は、イリオモテヤマネコとしては最長寿の記録です。
西表島で長期飼育された初めての個体であったため、飼育には常に試行錯誤がありましたが、直接お会いすることのなかった皆様方を含め、今までたくさんの方々に支えられて「よん」の飼育がここまで長く続けられてきたことを広く国民の皆様方に感謝致します。

DSCN3137s.JPG
 (西表野生生物保護センター職員一同)  
タグ:W48(よん)
posted by IWCC at 11:25| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする