2013年10月03日

ヤマネコの行方



前回721日に鹿川ビーチクリーン後に調査して以来、約2ヶ月ぶりに鹿川に行き調査を行いました。

今回は9月10日に、南風見田の浜からカヤックで、鹿川を目指しました。


片道約10km2時間強、休み無くパドルを漕いで鹿川に到着、電波を探しました。



130910【写真】船浮ヤマネコ救護個体追跡調査 (44).JPG
福田さんに曳航してもらあいながら電波探し中。
(実は、船酔いでグロッキー)
 

しかし、今回は、見つからず。


失意の中、また2時間強かけて、南風見田の浜へ戻っていきました。  



さて、前回の調査は、台風7号が八重山地方を直撃したすぐ後に行い、鹿川の海に面した斜面は、全面茶色く枯れていました。

そんななか、前回ヤマネコから発信があったのは、枯れた斜面の中、一角だけ谷筋に緑が残っている場所からでした。

 130721【写真】海岸清掃ビーチクリーン及び追跡調査鹿川湾 (85)生息確認地風景(小).jpg
台風直後で斜面が茶色(721日)
  


今回、2ヶ月ぶりに鹿川に行って見ると、全面緑に覆われていて、元通りの鹿川の風景に戻っていました。

7
8月の強烈な太陽の恵みを受けて、どんどん成長していったのでしょう。

西表島の植物パワーを感じました。(草刈りでは、そのパワーがいやになるんですけどね・・・)
 


130618【写真】船浮ヤマネコ救護個体追跡調査(クイラ川-鹿川) (130)生息確認地風景(小).jpg

普段の鹿川は緑一色(618日) 


ひな
posted by IWCC at 18:06| 傷病救護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする