2014年09月11日

【祝】交通事故からの初の野生復帰!!

さる9月3日にヤマネコの仔ネコ(メス)の放獣を行いました。

この個体は8月26日の未明に交通事故に遭い、野生生物保護センターに保護した後に治療・飼育を行っていました。

幸いなことに骨折などの重症がなく、事故後は順調に回復してくれたことから野生に帰せることになりました。


DSCN8186.JPG
放獣直前の仔ネコの様子(首の下に見える赤いものは発信機です)


今回の事故は65件目の事故となりますが、記録がある1978年以降交通事故からの野生復帰は初めてのことになります。

これまでのヤマネコの交通事故は多くが発見時にはすでに死亡していました。

息があった個体もいましたが数日後に死亡しまったり、命は取り留めたものの後遺症が残り野生に帰ることができず終生飼育となった個体もいます。

そうしたなかで、交通事故から回復し野生に帰るヤマネコが初めて出たことを職員一同心から嬉しく思っています。

image.jpeg
放獣後の追跡調査で撮影した仔ネコ


仔ネコには今後の追跡調査のために赤い発信機をつけています。

追跡調査の結果、事故前から目撃されていた高那のホテル近辺で行動しているようです。

交通事故に遭ったにもかかわらず、また県道にも出てきてしまっているようです。

道路上で轢かれたカエルを食べているところも目撃されています。

再び交通事故に遭うことの無いように皆さんのご協力をお願いいたします。



【保護センターからのお願い】

ドライバーの皆さんへ
高那を通行の際には運転にご注意ください。
もしヤマネコが飛び出してきても、車のスピードが遅ければ命が助かる場合があります。

ヤマネコを観察される皆さんへ
人馴れ・車馴れを防ぐために仔ネコを見かけても人間からは近づかないようにしてください。
同じ理由で観察時間や写真撮影もできるかぎり最小限に抑えていただければと思います。

そして、ヤマネコを目撃した際には保護センターまでご連絡下さい。

ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg


(田口)

posted by IWCC at 16:41| 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする