2015年03月04日

まーや 沖縄こどもの国へ

先月の話ですが、保護センターのキャラクターであるイリオモテヤマネコの「まーや」が沖縄本島にある沖縄こどもの国へ出張してきました。

2月22日のネコの日にあわせて開催されるイベント「日本のやまねこまつり」に参加するためでした。

日本のやまねこまつり.jpg

CIMG3492.JPG
イベント「日本のやまねこまつり」に参加する、まーや

フットワークの軽い、まーやも八重山を出ることはなかなかありません。

ましてや、対馬からはツシマヤマネコの「つばき」ちゃんも駆けつけてくれていました。

つばきちゃんと一緒のお仕事はもしかすると初めて!?

これは頑張らずにはいれません!!

CIMG3444.JPG

お客さんとふれあう「まーや(左)」と「つばき(右)」



CIMG3473.JPG
ツシマヤマネコの展示スペースでもPR

ヤマネコに変身!フェイスペイントなどもあり、当日はとても盛り上がりました。

ヤマネコについてのパネル展示は4月5日まで行っているそうです。



(田口)

ラベル:まーや イベント
posted by IWCC at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

交通事故からの初めて野生に帰ったイリオモテヤマネコW171(調査結果)


昨年93日に交通事故から初めて野生に帰ったイリオモテヤマネコW171の、ラジオトラッキング調査の結果をお知らせします。



保護の経緯などは、過去の西表野生生物保護センターのブログ※1をご覧ください。



150219AR日記用.jpg

これまでのW171の位置


放獣場所は、事故現場から500mほど南東の放牧場そばの林でした。



W171は、放獣直後から1日まで、放獣場所付近に留まっていました。



その後、W171は、事故現場でもあり以前から目撃のあった付近へ戻ってきました。54日までは、レストランたかなから、パイヌマヤホテル、エコヴィレッジ、パイヌマヤホテル社員寮の付近にいました。



55日以後は、レストランたかなよりも西に、パイヌマヤ社員寮よりも東にいるようになり、行動範囲を広げています。

最も西の位置は1151039分におカンムリ直線の西側で、最も東の位置は1101127分にリサイクルセンターへの分岐付近でした。



これまでの結果から、リサイクルセンター辺りからユツン辺りまでW171が移動していますので、付近を通行する際はくれぐれもご注意ください。




1http://iwcc.seesaa.net/archives/201409-1.html





IMG_1389.JPG

調査中の福田自然保護官


(ひな)

posted by IWCC at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

今年こそ交通事故をゼロに! 交通事故防止に関する勉強会を行いました


今年はイリオモテヤマネコの学術的な発見から50周年となる節目の年です。

2013年は過去最悪の年6件、昨年2014年は年4件の事故が発生しています。

今年こそ交通事故をゼロに。

今、防がなくていつ防ぐんだという思いで2015年も交通事故対策に取り組んでいます。

しかし、思いとは裏腹に事故が多発している現状にやるせなさも感じています。

とはいえ、ただ指をくわえて見ているわけにはいきません。



さる5日、イリオモテヤマネコの交通事故防止に関する勉強会を行いました。

竹富町をはじめとする行政関係者や地元企業やNPOなど多様な立場の方が集まりました。


IMG_2688 - コピー.JPG

それぞれの立場から今年度の取り組みなどの発表があるなかで、保護センターからも次の3つを発表しました。

「2014年のイリオモテヤマネコの交通事故発生状況について」

「交通事故から野生復帰個体の追跡状況について」
2014年9月11日のブログで紹介している当時まだ仔ネコのヤマネコです。

「ヤマネコフェンスのモニタリングについて」

この他にも他の出席者から、在来海浜性植物を用いた県道沿いの草の繁茂抑制の取り組みや夜間パトロール時の遭遇車両についての調査結果等が報告されました。
興味深い内容が多く、とても勉強になりました。

<参考リンク>
侵入防止フェンスが効果 イリオモテヤマネコ(八重山毎日新聞)


(田口)



ラベル:交通事故対策
posted by IWCC at 13:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

新年のご挨拶 【元旦からヤマネコ】

新年明けましておめでとうございます。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

昨年は交通事故や救護などで何かと慌ただしい1年でした。

そうしたなかでも出来るだけブログを更新し、ヤマネコの今をお知らせするように心がけてきたつもりです。

当たり前の話かもしれませんが更新をするほどにアクセス数が増えていきます。

そうなると皆さんに関心をもっていただけていると嬉しく、励みになりました。

今年は明るいニュースをたくさんお届けできればと思っております。

イリオモテヤマネコや島のいきもの達をどうぞ温かく見守ってください。



2015年はイリオモテヤマネコが学術的に発見されてから50年目となります。

保護センターでもイベント企画中ですのでぜひお楽しみに。


さて、西表の元旦はあいにくの曇り空で風も強い日となりました。

傷病鳥のお世話で元旦から保護センターに向かったところ、センター近くに設置した注意看板が風で倒されていました。

看板には合計20kgの重しをしてありますが、それが倒されたとなるとかなりの強風です。

他の看板も心配になって様子を見に行ったところ、元旦早々にヤマネコに出会いました!

交通事故から初めて野生に帰ったヤマネコ、W-171でした(詳しくはこちらをご覧ください)。

150101.JPG
元旦に出会ったヤマネコ W-171

新年早々から出会えた嬉しさとともに、県道すぐ脇の茂みであったため交通事故の不安がよぎりました。

今年はどうか交通事故のない1年になりますように!

皆さんには西表島内でも島外でも生きものたちに優しい安全運転をお願いいたします。



(田口)



posted by IWCC at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

おばあちゃんヤマネコのその後

今月に入ってからブログでも何度も紹介している1頭のヤマネコをご存知でしょうか?

何度も道路付近での目撃が相次ぎ、交通事故の危険がとても高くなっていたW−127というおばあちゃんヤマネコです。
5日10日14日のブログをご覧ください)

RIMG0064(ブログ用).JPG

おばあちゃんヤマネコのW−127

その、おばあちゃんヤマネコのその後をお知らせします。

8日、9日には昼間からの目撃が多発し、皆さんからも交通事故を心配する声が上がっていました。

保護を求める声もありましたが、ヤマネコの研究者や獣医師また地元の方の意見も踏まえつつ、保護センターでは以下のような理由から今は緊急的な捕獲は行わないこととなっています。


 ・両目を悪くしているが調査により長距離の移動が確認できている

 ・同じようなヤマネコが少なくとも半年間自力で生活できていた

 ・もともと小柄ではあるが、今のところ肉付きは悪くなく毛ヅヤもよい

 ・捕獲や保護がストレスになり体調が悪化する恐れがある

 ・高齢であるため診察・治療の際の麻酔が体への負担になる

 ・写真等で見る限り、目が治る見込みはない

 ・高齢であるため劇的な体力回復は望めない

 ・W−127を捕獲することでヤマネコ社会のバランスが崩れる可能性がある

 ・来月末に獣医師が立ち会い、ヤマネコの身体検査を行う捕獲調査が予定されている

 ・現時点では自力で生活できているため、最大のリスクは交通事故

 ・交通事故は人間側の努力により、そのリスクを最小限にできる


とはいえ衰弱などの状況の変化によっては対応方針も変わってきます。
目撃情報は早めにご連絡いただきますようにお願いいたします。


ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg

幸い9日以降、W−127の道路への出没は確認されていません。
職員だけでなく地元の方や観光客の方も皆さん一緒に心配し、注意をしてくれています。
別の日のブログで紹介していますように現場付近の草刈りも行いました。

12日には調査のために設置したカメラにW−127の元気な姿が写っていました。
しかし、26日までにその後は生存が確認できていません。
元気でやっているのかがとても心配です。

ただ、今までも数週間カメラに写らないということはありました。
これからも目撃情報や調査結果に注意していきたいと思います。
また動きがあれば皆さんにお知らせいたします。


(田口)


posted by IWCC at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする