2015年08月22日

無事故日数150日を迎えました!!

昨日、8月21日でイリオモテヤマネコの無事故日数が150日目となりました!!

保護センターでは交通事故対策の1つとしてヤマネコの目撃情報にあわせて移動式注意看板を設置しています。

また、仔猫の目撃場所など交通事故の危険が高い場所では緊急的に草刈りを行うこともあります。

DSCN8462(2).JPG

こうした活動はなかなか数字としての成果に現れにくいのですが、150日目を迎えることが出来てとても嬉しいです。

これからも地道に交通事故対策を行っていきたいと思います。

次は10月中旬の「200日」を目指します!!

皆さんも引き続き安全運転をお願いします。

また、ヤマネコを目撃したら保護センターへご連絡をお願いします。

皆さんの目撃情報が交通事故対策に役立てられています。


まーや.jpgヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg

(田口)



posted by IWCC at 17:42| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

8/16(日)ぱいぬ島まつりにヤマネコブースを出展します


明日16日(日)に4年に一度のお祭り、ぱいぬ島まつりが開催されます。


島暮らし3年目の私にとっては始めての参加となるのでとても楽しみです。


竹富町、どうぶつたちの病院沖縄、西表野生生物保護センターでは「ヤマネコブース」を設けます。



DSCN0467(小).JPG

準備中のヤマネコブース



今年はイリオモテヤマネコ発見50周年です。


この節目の年にイリオモテヤマネコの現状について改めて知ってみませんか?


これからも島でヤマネコと共に暮らしていくためにどうしたらようのか考える機会にしていただければと思います。


ブースではヤマネコのついてのパネル展示のほかに、ペーパー―クラフト作りなどを行います。


また、ヤマネコ発見50周年にあわせて行った絵画コンクールの入賞作品の展示します。


島の子どもたちの力作をぜひご覧ください。



DSCN0466(小).JPG

絵画コンクールの入賞作品展示の様子

(左奥はプラネタリウムだそうです。楽しそう!!)


〈西表野生生物保護センターからの出展内容〉


・イリオモテヤマネコについてのパネル展示


・ミニ体験コーナー(ヤマネコの重さやにおいを感じてみよう)


・ヤマネコペーパークラフト作り


・グッズ販売



出展日時:8月16日(日)9:00〜18:00

     ※ぱいぬ島まつりは21:00まで開催しています。


場所:竹富町振興総合センター大ホール内(西表島大原)


ぱいぬ島まつり特設サイト(イベントプログラム、会場マップなど)

http://painushima.info/


沢山の皆さんのご来場をお待ちしています。


(田口)


続きを読む
posted by IWCC at 12:49| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

ヤマネコの目撃が多くなっています

6月は古見〜大富間、古見〜相良間、高那―ユツン間で目撃が多くなりました。


詳しくは7月発行の目撃情報マップ(下図)をご覧ください。


過去の目撃情報マップはこちらからご覧いただけます。


地図を見ていただくとわかるように、島の東部側から多くの情報が寄せられています。


mokugeki_201507.jpg


7月に入ってからも島内の各地から目撃情報が寄せられています。


6月に引き続き、仔ネコも目撃されています。


私自身、13日・14日と2日連続で仔ネコを目撃しました。


どちらも道路上だったため、出会えた嬉しさより交通事故の心配のほうが勝ってしまいました。


仔ネコ目撃場所には写真のように「仔ネコ注意」のマグネットを設置しています。


看板付近では特に注意して、安全運転をお願いします。


移動式看板日付入り@.JPG



今月2日にはヤマネコの無事故100日目を迎えることができました。


次の節目は8月21日の150日目、10月10日の200日目です。


これからの夏休みシーズンは島を訪れる観光客の方が増え、島がにぎやかになります。


地域の豊年祭や入植祭などで地元の方も忙しい時期を迎えます。


運転手の皆さんには、どうぞ島の生きものに優しい安全運転をお願いいたします。


そして、ヤマネコを目撃した際には交通事故防止のために保護センターにご連絡ください。


ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg


(田口)

続きを読む
posted by IWCC at 12:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

展示を一部分リニューアル 「2013〜2014年に自動撮影調査に来たヤマネコたち」

GWの始まる頃の話ですが、保護センターの展示を一部分リニューアルしました。

2013年から2014年に自動撮影モニタリング調査で確認されたヤマネコ達を紹介しています。

DSCN8493(小).JPG
展示を一部分リニューアル!

これまでの展示では個体ナンバーと写真のみでした。

今回からは、雌雄やその個体がいつから確認されているか、出産経験の有無など個体情報も記載しました。

写真も大きくして、発信機を装着している個体はその色がわかるようにもしています。

元気に生活している個体は白、最近行方不明な個体はグレー、残念ながら死亡が確認された個体は黒で示しています。


DSCN8495(小).JPG
個体ナンバーだけでなく、個体情報を追加しました。

この地域には母ヤマネコがいるんだ、あそこにはおじいちゃんヤマネコががんばっているんだ等。

ヤマネコの存在を感じて、それが安全運転につながれば嬉しいです。


6月になってからは仔ネコの目撃情報が入ってくるようになりました。

ヤマネコにも島の生きものにも優しい運転をお願いします。

まーや.jpg

ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg

(田口)

ラベル:普及・啓発
posted by IWCC at 11:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

ヤマネコ注意看板を移動・設置しました

4月に入ってヤマネコの目撃数は3月と比べて少なくなっています。

とはいえ3月の事故現場付近では、その後も別のヤマネコの目撃されています。

道路に執着しているような様子も確認されていますので、ご通行の際には十分にご注意ください。

<ヤマネコ注意区間>
 ・古見-相良の間 
  (保護センターの県道入口前から古見岳登山口付近)
  (3/20の交通事故現場付近)

 ・平川橋付近 

 ・高那-ユツンの間
  (C−0看板からゼブラゾーンのある直線とはさんでユチン橋まで) 
  (3/24の交通事故現場付近)
  
 

まーや.jpg

上記の場所にはヤマネコ注意看板を設置されています。 

野生生物保護センターでは目撃情報の多い場所、道路への執着が高く交通事故の恐れが強い場所に看板を置くようにしています。

1ヶ月以上目撃がない場所からは撤去も行っています。

写真のような看板のある場所では、特に注意して運転していただきたいと思います。

DSCN8685 - コピー.JPG
 高那・ユツン間に新たに設置した看板の1つ


昨日21日にも看板の移動と設置を行ってきました。

看板には最新の目撃日の表示も行っていますのでご注目下さい。

そしてヤマネコを目撃された場合には、保護センターまで情報提供をお願いいたします。

ヤマネコ緊急ダイヤルrev.jpg

とはいえ地元の方ならいざ知らず、観光客の方には目撃場所の特定が難しいこともあるかもしれません。

特に同じような風景が続く場所では尚更かと思います。


そうした場合は近くの電柱の番号を確かめてみて下さい。

電柱には「東線120」や「西部線230」などといった固有の番号がつけられていますので、場所の特定に役立ちます。

皆さんの情報提供が交通事故防止につながります。どうぞよろしくお願いいたします。


(田口)  



posted by IWCC at 10:12| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする