2017年02月10日

やまねこマラソンでヤマネコの交通事故防止をPRしませんか?

明日11日は年に1度の竹富町やまねこマラソンの開催日です。

西表野生生物保護センターでは、マラソン参加者の方でヤマネコの交通事故をPRするためのゼッケンをつけて走ってくださる方を募集しています。

毎年オリジナルのゼッケンを作成していますが、今年は特に自信作!?

マラソン大会当日に受付会場となる上原小学校の敷地内で配布しています。

ぜひヤマネコの交通事故防止のPRにご協力ください。

なお、ゼッケンは200枚限定で先着順となっています。


2017やまねこマラソン交通安全PRゼッケン.PNG
2017年の保護センターオリジナル交通安全PRゼッケン

配布日時:2月11日 10時頃から
     (ゼッケンが無くなり次第終了します。例年30分程で無くなります。)

配布場所:上原小学校 マラソンゲートから小学校校舎までの間
     ゼッケンにもかかれている「まーや」が目印です。
     ただし雨だと「まーや」はお留守番かも・・・。

枚数:先着200枚


1.JPG
2014年の大会で安全運転をPRする、まーや


夏日となった去年とは大違いで、明日はこの冬で1、2を争う寒さになりそうです。

今年はいったいどんな大会になるのでしょうか!?

ランナーの皆さんがそれぞれベストを尽くして完走できますように!!


(田口)

posted by IWCC at 12:37| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

道路に出てくる子ネコにご注意を!!


先月から仲間崎土地改良区入口から古美山橋の間にかけて県道で子どものヤマネコの目撃が多発しています。
竹富町自然環境課さんから毎日町内放送での呼びかけも行ってもらっていますので、ご存知の方も多いのではと思います。

中旬の一週間は大げさでなく毎日、場合によっても日に何度も道路に出没していました。

今一番、ヤマネコの交通事故が心配される場所です。


子ネコは車が近づいてもすぐ逃げないだけでなく、路上に飛び出してくることもあります。

カエルなどの小動物を食べている様子も目撃されていますが、道路上でうずくまっているとドライバーの方はヤマネコだと気づきにくいようです。

ご通行の際にはヤマネコとの接触事故に十分にご注意ください。

まーや「今年も安全運転でよろしくね」.jpg

出没現場付近にはヤマネコ注意看板やのぼりを設置しています。

保護センターの看板・のぼりだけでなく付近の工事を行っている業者さんが自主的に注意喚起の看板を作成・設置してくれています。

P2010005.JPG

保護センターの注意看板


P2010002.JPGP2010003.JPG
工事業さん設置の注意看板


子ネコを目撃した場合は、西表野生生物保護センターまでお早めにご連絡ください。

ヤマネコダイヤル「ケガ・死亡・子ネコ、路上目撃」.jpg


(田口)


posted by IWCC at 13:08| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

2016年12月の目撃情報マップ

2016年12月は、43件の目撃情報がありました。

要注意運転箇所は、
仲間崎〜古見山橋(仔ネコ飛び出し注意)
・後良橋〜相良橋
・船浦〜上原土地改良地区
です。

回収箱161231まで.jpg

最新の目撃情報ですが、仲間崎〜古見山橋の間特にパイランドファーム前の坂は、車を恐れない仔ネコが日中から道路に出てきています(上記のマップは12月31日までをまとめたものです)。

西表野生生物保護センターでは、注意看板やのぼり旗を立てて付近を通る車に注意を呼びかけています。
さらに運転手からヤマネコを見つけやすするために職員が付近の道路脇の雑草を刈り取りました。

付近を通行される際は特に注意して、安全運転をよろしくお願いいたします!


(ひな)
posted by IWCC at 16:12| 目撃情報マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

今年もよろしくお願いいたします。

いつもイリオモテヤマネコNEWSをご覧いただき、ありがとうございます。

昨年はヤマネコの交通事故が多発した年でした。

ブログでも死亡事故の記事が多く、悲しいニュースばかりをお届けしていたように思います。

2017年は事故の少ない年であるように心から願っています。

皆さんにもよいニュースを届けられるように頑張ります。


ブログ用170108.jpg



(田口)
posted by IWCC at 04:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ヤマネコ調査体験会を開催しました

みなさん こんにちは。

12月17日に「ヤマネコ調査体験会〜フンを調べてヤマネコの食べ物を探ろう〜」を開催しました。
ねこ.jpg
動物の食性調査のひとつとして、その動物のフン内容物から何を食べているのか探る方法があります。今回は、イリオモテヤマネコのフンを材料にヤマネコの食べているものを調べました。
分析流れ.jpg
手順としては、フンを水洗いして余分な物を取り除き出てきた内容物ごとに仕分けます。フンからはさまざまな物が出てきますが、かみ砕かれていたりして細かくなっているためかなり根気のいる作業です。

環境フン.jpg
今回は季節や環境の異なる6地点から回収してきたフンを観察しました。

IMG_0452.JPGIMG_0455.JPG
ほぐしたフンをバットに広げて分けていきます。何が出てくるのか?一番、楽しく集中力のいる作業です。

IMG_0470.JPGIMG_0468.JPG
観察のまとめとして、地点ごとにフンから出てきたものを発表してもらいました。

ヤマネコのフンから出てきた物は・・・・・。テナガエビと思われる甲殻類の破片(エビのしっぽも丸ごと出てきました)・アオバズクやコノハズク、オオクイナなど鳥類の羽や足・クワガタムシやコオロギ、バッタなど昆虫類の破片・トカゲの足やヘビのうろこ・ネズミの臼歯やオオコウモリの爪など。6地点調べただけでもいろいろ出てきて、イリオモテヤマネコのグルメぶり?が分かりました。

IMG_0479.JPG

ふりかえりとして、ヤマネコはいろいろな生きものと関わりのあることや人の生活圏にもよく出てきていること、今年は事故件数が最多になった可能性のあることをお話しして閉会しました。

最後にアンケートを取ったところ、一番こころに残ったことは何ですか?の項目に「フンがくさかった」が3票も入りました。今回は事前処理をだいぶ行ったので、フン自体の臭いはなくなっていたはずなのですが・・・・・。


(かんとう)








posted by IWCC at 16:47| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする