2017年09月28日

今年3件目の交通事故!今年生まれのオスのヤマネコが死亡しました

9月22日の20時30分過ぎに「道路にヤマネコの死体がある、交通事故のようだ」との通報が入りました。

場所は20時まで通行車両に向けて注意喚起を行っていた浦内展望台から数百メートルしか離れていない場所でした。


注意喚起終了から30分程で起きた事故だったので、とてもショックを受けました。

(注意喚起の様子はこちらもご覧下さい。)

2017年は半年間、無事故が続いていましたが7月からのわずか三ヵ月の間に3件の事故が相次いでいます。

P9221315.JPG
事故死した今年生まれと思われるオスのヤマネコ


ヤマネコは口や鼻から出血し、道路には血痕が残っていました。

センター搬入後に行った検死作業では頭部の骨折が確認されました。


P9221327(クレジット、血痕矢印あり).jpg
道路で見つかった事故の痕跡


事故現場は見通しの良い直線道路でした。

ヤマネコが飛び出してきたことも考えられますが、スピードを出していなければ車がよけることができたのではと思います。

万が一ぶつかってしまっても、スピードが遅ければケガが軽くてすむ可能性が高くなります。

そして、すぐに保護センターに連絡をいただければ命は落とさずにすむかもしれません。

ぜひ迅速な連絡をお願いいたします。

ヤマネコダイヤル「ケガ・死亡・子ネコ」小.jpg


これからの秋から冬にかけては、今年生まれのヤマネコ達が本格的に親から離れて独り立ちを迎える時期です。

まだ経験が浅いためヒトや車の怖さを知らず、警戒心が低いため車に近づいてくることがあります。

エサ取りがうまくできずに、道路にカエルやカニを探しに来る個体も出てきます。

今回、事故に遭ったのも今年生まれのオスのヤマネコでした。

道路で急にヤマネコを発見しても、慌てずに対応できるように安全運転をお願いいたします。


(田口)



続きを読む
posted by IWCC at 15:59| 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の全国交通安全運動期間(9/21〜30)中です

先週の21日(木)から秋の全国交通安全運動が始まっています。

初日の朝には西表島の玄関口の大原港(仲間港)で出発式が行われ、保護センターからも「まーや」が参加してきました。

今年は島内でのレンタカーによる車両事故が多発しています。

ゆっくり走って島のきれいな風景やそこに暮らす生きものたちを楽しんでくださいね。

ヤマネコは基本的には夜行性ですが、8・9月は昼間の目撃も増えています。

急な飛び出しに注意して運転ください。


P9211269.JPG
出発式の様子


地元駐在さん3名のご協力のもと初日21日夜は高那で、22日夜には浦内でドライバーの方にチラシを配って注意喚起も行いました。

ヤマネコの交通事故はほとんどが夜間に起きています。

夜は日中に比べて見通しが悪くなりますので、昼間以上に安全運転を心がけていただきたいです。

P9211278.JPG
高那での注意喚起の様子

P9221293.JPG
浦内での注意喚起の様子


(田口)

続きを読む
posted by IWCC at 15:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

2017年 夏の交通安全運動【西表地域】

718日「夏の交通安全県民運動/沖縄県」に合わせ浦内川展望所のパーキングスペースで19時から20時まで、西表島の駐在さんたちと協力しイリオモテヤマネコと人の交通事故防止を呼びかけました。


ヤマネコの行動する時間帯に注意喚起することで、その存在を通行者に改めて認識してもらうには有効な手段です。




1時間で25台の通行がありました。西表島の交通量としては多めです。


ヤマネコの交通事故は昨年が7件とワーストを記録し、今年は事故の無いまま7月を迎えていました。



しかし、残念ながら16日に祖納漁港近くで今年1件目の交通死亡事故が発生してしまいました。


現在、ヤマネコは子育て時期に入っており島内のあちこちで親子や子ネコの目撃が相次いでいます。


また、島内の道路は野生動物の生息地を通っているため、さまざまな生き物が昼夜を問わず横断しています。


ドライバーのみなさんは、法定速度を守り生き物にやさしい運転をお願いします。




まーや、カラスに狙われる!?



(かんとう)

posted by IWCC at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「イリオモテヤマネコのくらしをのぞいてみよう!」講演会を開催しました

先日に当ブログでもお知らせしていた「イリオモテヤマネコのくらしをのぞいてみよう!」講演会ですが、無事に盛況で終えることができました。


同じ内容の講演会を島の東部と西部で2日間かけて行いました。


2日間合わせて70人近くの方に来ていただきました。


来ていただいたみなさまありがとうございました。


行きたかったのに行けなかった方は、ぜひ次の企画で会いましょう!




講演はイリオモテヤマネコの「生活」「治療」「保護」の3つのテーマについておこないました。


子供達向けの内容でお話をいただきましたが、大人でも聞き応えのある面白いお話でした。



講演の中で東京慈恵会医科大学の鈴木先生からは、


イリオモテヤマネコを守るためには様々な方法があって、


研究者になって詳しく知ることも、



獣医になってヤマネコを治療することも、



レンジャーになって国の機関としてもイリオモテヤマネコを守ることができる、


といったお話をされていました。


それを聞いた子供達の中から、将来、研究者や獣医やレンジャーになる子は現れるのでしょうか。


とても楽しみです。



鈴木先生からはイリオモテヤマネコの生活についてお話いただきました。



飯塚先生からはイリオモテヤマネコの治療についてお話いただきました。


杉本保護官からはイリオモテヤマネコの保護についてお話されてました。



ラベル:普及・啓発
posted by IWCC at 12:20| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

24日、25日にこども向けのヤマネコイベントを開催します

西表野生生物保護センターでは6月24日(土)25日(日)にイリオモテヤマネコのイベントを企画しています!


「西表島に住んでいるけどイリオモテヤマネコを見たことがない!」という島の子供達は多いのではないでしょうか?


普段の生活の中で本物のヤマネコに出会える確率は低いかもしれませんが、せめてどんな生き物なのか知って愛着を持ってもらえたらとの思いで企画しました。


映像も交えつつ、3名の講師がヤマネコの生態や保護についてお話をします。


メインターゲットは島の小中学生ですが、大人も島外の方も楽しめる内容になっていると思います。


親子連れの方も大歓迎です。


お時間のある方はぜひぜひ遊びに来て下さい。


参加無料で事前申し込みは不要です。




170624・25ヤマネコイベントチラシ(小).jpg


〈イベント内容〉

24日(土) 14時〜16時 離島総合振興センター(大原)


25日(日) 10時〜12時 中野わいわいホール


テーマ1:イリオモテヤマネコの生態〜身近にいるイリオモテヤマネコをもっと知ろう〜<60分>

講師 東京慈恵会医科大学 鈴木直樹 教授


テーマ2:イリオモテヤマネコの治療〜島のどうぶつ病院からのおはなし〜<15分>

講師 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 飯塚布有子 獣医師


テーマ3:イリオモテヤマネコの保護<15分>

講師 西表自然保護官事務所 杉本正太 自然保護官


各講演後に会場の皆様からの疑問質問にお答えします。



主催:環境省西表野生生物保護センター

講演:竹富町、竹富町観光協会、NPO法人西表島エコツーリズム協会


イベントに関するお問い合わせは西表野生生物保護センターまで。

TEL:0980-85-5581

-MAIL:RO-IRIOMOTE@env.go.jp


(田口)
posted by IWCC at 12:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする