2016年09月15日

大原婦人会と小学校前で交通安全の呼びかけを行いました。

始業式の日に行う交通安全の呼びかけは、大原婦人会の皆さんと一緒にもう何年も実施してきている活動です。

小学校の校門前で登校してくる児童たちを出迎えます。

休み明けで少し憂鬱になっているかもしれないけれど、マーヤを見て笑顔になってくれるととても嬉しいものです。

1473926104319.jpg

1473926104319.jpg

1473923315869.jpg

もしかしたら大原の小学生には「始業式」=「まーや」というイメージがあるかもしれません。

そうだとしたら、毎回頑張ってきたヤマネコのまーやもきっと喜びます。

1473922004840.jpg

大原婦人会のみなさん、校長先生、お疲れ様でした。


(田口)


posted by IWCC at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

2016年8月の目撃情報マップ

2016年8月は、52件の目撃情報がありました。

要注意運転箇所は、
・カンコウ坂〜浦内橋
高那〜ユツン (仔ネコ飛び出し注意)
・美原〜古見
です。

回収箱160831まで.jpg

皆さんからお寄せいただいた目撃情報をもとに、交通事故防止を目的としてイリオモテヤマネコ目撃情報マップを毎月作成しています。
目撃の多い場所は、最新の要注意運転箇所として示しています。

安全運転のご協力をお願いいたします。

(ひな)
posted by IWCC at 12:01| 目撃情報マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

安全運転宣言マグネットが新しくなりました

安全運転宣言マグネットが新しくなりました


 201311月から始まった安全運転宣言マグネットが、20168月に新しくなりました。


安全運転宣言とは.jpg
安全運転宣言とは


 新しいデザインは、2015年にイリオモテヤマネコ発見50年記念事業実行委員会が募集し決定した「ヤマネコロゴマーク」を採用しました。

安全運転宣言をした車だと分かるように明記し、ヤマネコ緊急ダイヤルも載せました。さらに、夜にもはっきり分かるように、ヘッドライトを反射する素材に変更しました。






レンタカー用.jpg
レンタカー用

 安全運転宣言とは、法定速度(集落内30km/h・その他の場所40km/h)を守る、ヤマネコ緊急ダイヤルを携帯電話などに登録することです。

竹富町民の方の入手場所は、西表野生生物保護センターで1100円の協力金をいただいています。

 町民以外の方は、レンタカー会社でも入手でき1300円の協力金をいただいています。



 安全運転宣言マグネットを車に貼って、安全運転者をアピールしませんか?




野生生物保護基金説明.jpg
西表野生生物保護基金とは…


(協力金は、西表野生生物保護基金として野生生物の保全や普及啓発、傷病鳥獣救護に充てられます。)



(ひな)



18日追記


以前のマグネットは多くの人に「安全運転」をしてもらいたいと、島民の方には無料で、観光客の方にも100円でお渡しをしていました。

一方でマグネットを付けているのにスピードを出して走っている車も、残念ながら少なくありませんでした。


今回のリニューアルを機に改めに島を走るドライバーの皆さんに安全運転について意識していただければと考えています。

そこで今回からはあえて価格をあげるとともに、特に島内のかたには「安全運転宣言」の際にご所属を伺いたいと思います。

ご理解とご協力をお願いいたします。


(田口)

posted by IWCC at 10:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

2016年7月の目撃情報マップ

2016年7月は、52件の目撃情報がありました。

要注意運転箇所は、
・カンコウ坂〜浦内橋
高那〜ユツン
・美原〜古見
です。

回収箱160731まで.jpg

皆さんからお寄せいただいた目撃情報をもとに、交通事故防止を目的としてイリオモテヤマネコ目撃情報マップを毎月作成しています。
目撃の多い場所は、最新の要注意運転箇所として示しています。

安全運転のご協力をお願いいたします。

(ひな)
posted by IWCC at 00:00| 目撃情報マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

過去最悪に並ぶ!! 2016年6件目の事故発生

昨日の7月6日21時30分前に中野の県道でイリオモテヤマネコの交通死亡事故が確認されました。

死亡したのは今年生まれのオスの幼獣でした。


160706W-188幼獣♂報道発表用写真@.jpg



160706W-188幼獣♂報道発表用写真A.jpg



これで2016年は6件の事故が発生したことになります。

まだ半年程しか経過していないにも関わらず、過去最悪の事故件数だった2013年と同数の事故が起きています。



交通事故の総数は今回で75件となりました。

このうち、72頭は死亡が確認されています。


残りの3頭のうちの1頭は命を取り留めたものの麻痺が残ってしまい、野生に帰ることはできませんでした。


1頭は血を出して倒れているところを発見され、保護しようとしましたが逃げてしまいました。

その後の生死は不明です。


最後の1頭は軽傷だったため野生復帰をさせることができました。

しかし1年が経たないうちに再び事故に遭い今度は命を落としてしまいました。

この時、お腹には赤ちゃんががいました。


交通事故件数グラフ(20160707現在).jpg


推定個体数が100頭といわれているなか、半年で6頭の命が失われている現状に強い危機感を覚えます。

6月22日には環境省と竹富町でイリオモテヤマネコ交通事故多発警報を発令したばかりでした。

そうしたなかで起きてしまった今回の事故は残念で、悔しくて言葉になりません。



160622注意警報発令チラシ(表).jpg160622注意警報発令チラシ(裏).jpg

交通事故多発警報チラシ


(イリオモテヤマネコ交通事故多発警報についてはこちらもご覧ください。)


これからの季節はヤマネコの子育てが本格化する時期です。

今後も交通事故の心配は尽きません。


再三お伝えしてきていますが、これ以上の事故を起こさないために

車の運転の際には法定速度を守り、島の生きものに配慮した安全運転をお願いいたします。


万が一、ケガをしたり死んでいるヤマネコを見つけたら、西表野生生物保護センターのヤマネコ緊急ダイヤルまでご連絡下さい。
ご協力お願いいたします。

ヤマネコダイヤル「ケガ・死亡・子ネコ、路上目撃」.jpg

(田口)
タグ:交通事故
posted by IWCC at 17:03| 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする